記事タイトル 仏式の葬儀・告別式に当たる葬場祭

神式による葬儀・告別式を「葬場祭」といいます。故人の御霊を守護神として、崇め祀るための儀式となります。聖域となる神社では行わず、自宅か斎場で行われます。数珠は必要ありません。葬場祭の流れとしては、まず参列者全員が「手水の儀」で、穢れを落とし身を清めます。その後、一般の参列者は着席します。すると、楽員、斎主、副斎主、斎員が順番に入場し、着席します。これに続いて、喪主、遺族、親戚が入場し、着席します。すると、司会者もしくは進行係による「開式の辞」が行われます。次に、「修祓の儀」が行われます。これは、神職が祓詞を奏上し、その後、大麻を使ってお祓いをし、葬祭場、神饌(供物)、参列者などを清める儀式となります。お祓いを受けるときは頭を下げます。椅子の場合は起立します。次に、斎主が霊前に向かい拝礼(一拝)をします。参列者もこれにならい拝礼をします。「献饌・奉幣の儀」は、副斎主、斎員が神饌や幣帛を供えると、楽員が雅楽を奏でます。次に、「祭詞奏上」が行われます。これは、斎主が祭壇の前に立ち、祭詞を奏上します。祭詞には、故人の略歴や人柄、功績などが盛り込まれ、故人の霊を崇め、遺族の守護を祈願します。参列者は、頭をたれて拝聴します。「誅詞奏上・誅歌奏楽」は、副斎主が、故人の死をいたみ生前の徳を偲んで誅詞を奏上し、雅楽が奏でられます。「弔辞奏上・弔電代読」は、弔辞が読まれ、弔電が紹介されます。次に、「玉串拝礼」が行われます。玉串拝礼は、斎主、喪主、遺族、親族、参列者の順に行います。順番が回ってきたら、前に進み、神職に一礼して、玉串を受け取ります。葉先を左にして受け取り、茎が自分の方に来るように持ち替えます。これを右回りに回転させ、葉先を手前にして置きます。二礼二拍手一礼をし、遺族と斎主に一礼して下がります。このとき二拍手は音をたてないようにします。これが終わると、斎主が拝礼し、参列者はこれにならって拝礼します。次に、「徹饌・徹幣の儀」として、副斎主、斎員が神饌や幣帛を下げます。斎主、、副斎主、斎員の退場の後、喪主、または遺族の挨拶があります。この後、「出棺祭」「火葬祭」となります。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ