記事タイトル 通夜に先立って遺体を納める納棺の儀

故人が亡くなると、その旨を神様、神棚、御霊舎に奉告する「帰幽奉告の儀」を行います。神棚には、前面に白紙(半紙)を貼りつけます。遺族や喪に服す必要のある親族は氏神様を祀る鎮守神社に入れませんので、葬儀社の人などに奉告をお願いします。この後、「納棺の儀」を行います。これは、ご遺体を棺に納める儀式となります。葬儀社の手引きの元、一緒に行います。まず、ご遺体の前に喪主、遺族、親族、が揃います。喪主がご遺体に拝礼(一拝)し、これにならって一同も拝礼(一拝)します。ご遺体を湯やアルコールで拭き清めます。これを「沐浴」といいます。そして、故人の身支度「死装束」を整えます。神道では、白色の小袖を着せ、白い帯、白足袋をはかせます。最近は、故人が生前愛用していた服を着せることもあるようです。身支度が整うと、白い敷布団ごとみんなで持ち上げ、棺の中に納めます。そして白い掛布団をかけ、上に礼服をかけます。このとき、冠、扇、故人の愛用の品などを一緒に納めます。金属製品などの燃えにくいものは、入れないようにしましょう。棺のふたを閉め、全員で合掌します。この後、棺は通夜祭の祭壇へと運び安置します。なお、「沐浴」や「死装束」は、ご臨終の後、すぐに行われることもあります。次に、「手水の儀」に移ります。これは、手や口を清める儀式のことです。まず、右手でひしゃくを持ってで水をすくい、左手を三回にわけて注ぎ、右手を三回にわけて注ぎます。その後、左手に水を受けて口を清め、もう一度左手に水を注いで清めます。ひしゃくを戻し、懐紙で手を拭います。これが終わると、喪主、遺族、親族は、祭壇の前に集まり、着席します。喪主が拝礼し、遺族、親族もこれにならい拝礼します。遺族、親族が、祭壇に、遺影を飾り、常餞(故人の好物など)や供物を捧げます。喪主、遺族、親族と、順番に拝礼をします。「徹餞」供えた神餞を下げます。喪主が拝礼し、遺族、親族もこれにならい拝礼します。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ