記事タイトル 儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。とくに宗教を持たない方や、お寺とのお付き合いがない方、葬儀に対して自由なお考えのある方、また、エンディングノートや遺言などで故人からこういった葬儀にして欲しいと要望がある場合など。さまざまな理由からこの「無宗教葬儀」を選ばれる人がいらっしゃいます。この葬儀のメリットとして、「故人や家族が望む自由な演出が行える」「葬儀の時間を自由に使うことができる(長い読経の代わりに音楽を流すなどアレンジ自由)」「焼香、線香、献花など行うもの自由」「祭壇も形式にとらわれず自由にアレンジできる(とくに飾るお花や供物なども自由に選べることができる)」「金銭的に費用を抑えることもできる」など、自由度の高いことが最大のメリットです。では反対にデメリットは、「全てが自由に選べるので、葬儀社との細かな打ち合わせが必要となってくる」「葬儀に来ていただいた参列者が戸惑うことがある」「年配の方など理解してもらえない場合がある」「遺族同士での話し合いが必要になってくる」「葬儀後の弔い方が定まっていない(仏教などの四十九日や法事など)」など自由であるがゆえのデメリットが存在します。「無宗教葬儀」の基本的な流れは、「親族、参列者が揃い着席」→「開式の辞」→「黙祷」→「弔辞、弔電の紹介」→「故人の好きだった音楽を流したり、生前のビデオを流したりします」→「焼香、または線香、献花など」→「葬儀社よりの挨拶」→「喪主や親族代表者の挨拶」→「閉式の辞」、となります。ただし、「無宗教葬儀」は自由に演出することができますので、絶対にこの通りというわけではありません。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランを用意している場合もありますので、興味のある方は、事前に調べておくのもいいでしょう。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ