記事タイトル カトリックによる感謝の典礼

キリスト教では、葬儀よりも「死の迎え方」を重視します。ご臨終(危篤状態)の際に、まだ意識のあるうちに司祭(神父)を呼び、「病者の塗油の秘蹟(聖油の秘蹟)」を行います。これは定めれた儀式の一つです。枕元に祭壇をつくり、司祭(神父)が危篤状態の病者の額に手を置いて、顔と両手に聖油で十字架をしるします。これは全ての罪からの解放と永遠の安息を神に祈願する儀式で、聖油を塗られた者は罪が許され、主の恵みが得られるとされています。こうして、神に祈りながらそのときを迎えます。死は命の終わりではなく、神から地上での罪が許され、永遠の安息をあたえられることとされており、それは「召天」や「帰天」といわれます。これは神のもとに召される記念すべきことで、やがて訪れる「復活の日」まで、天国で過ごすとされているからです。カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。葬儀の流れとしては、「入堂聖歌」→「開式の辞」→「一同着席」→「葬儀のミサ」の順に行われます。「入堂聖歌」は、入堂聖歌が流れ、司祭(神父)が入堂します。そのとき参列者は起立して迎えます。司祭(神父)が聖水を注ぎ、祈りを捧げます。その後、司祭(神父)に続いて棺と遺族が入場します。棺は祭壇に安置されます。「開式の辞」は、司祭(神父)が棺に聖水を注ぎ、祭壇と棺に献香します。そして、開式の辞を述べて、開祭を告げます。「一同着席」席順は最前列が喪主と遺族の席で、その後ろに親族や友人、知人などが続きます。「葬儀のミサ」は、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」を行います。「言葉の典礼」では、司祭(神父)が聖書の朗読などを行い、説教をします。その後、参列者一同、祈りを捧げます。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行います。最後に、参列者全員で、聖歌を歌います。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ