記事タイトル カトリックによる告別式

カトリックの正式な葬儀では、「告別式」はありませんが、日本では多くの場合、「告別式」が行われます。これは、司祭(神父)の司式で行います。告別式の流れとしては、「入堂聖歌」→「聖歌斉唱」→「弔辞・弔電紹介」→「献花」→「遺族のあいさつ」、の順に行われます。「入堂聖歌」「聖歌斉唱」は、参列者全員で聖歌を歌い、告別式の開式を告げます。「弔辞・弔電紹介」は、故人の略歴が紹介され、弔電の朗読、弔辞の棒読が行われます。「献花」は、喪主、遺族、親族、一般の参列者、の順に献花を行います。このときは白い菊やカーネーションが使われます。自分の順番が回ってきたら、祭壇へ進み、係の者から花が右手にくるようにして両手で受け取ります。遺影に向かって一礼し、祭壇に根元がくるように花を右回りに回します。左手の甲を下に向けて、右手を茎の下から添えるようにして献花台に花を置きます。献花が終わったら、遺族や司祭(神父)に一礼して、席に戻ります。「遺族のあいさつ」は、喪主が参列者に感謝のあいさつをします。参列者が多い場合などは、献花の前にあいさつが行われ、献花後はそのまま退場できるようにすることもあります。キリスト教の葬儀や告別式では、聖歌を歌ったり、聖書の一部を唱えたりすることがあります。事前に歌や祈りの一節などが書かれた紙が配られますので、できることならそれを見ながら声を出すように心がけましょう。また、「お悔やみの言葉」は必要ありません。宗教上、死は命の終わりではなく、神から地上での罪が許され、永遠の安息をあたえられることとされており、これは神のもとに召される記念すべきことで、やがて訪れる「復活の日」まで、天国で過ごすとされているからです。あいさつをする場合は「安らかな眠りをお祈りいたします」や「安らかに召されますように」などといいます。告別式が終わると、「出棺」の儀式があり、火葬場で最後の祈りが捧げられ「火葬」となります。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ