記事タイトル 故人と過ごす最後の夜、仮通夜・通夜

仏教では、お亡くなりになると、まず、その日の夜に「仮通夜」を行い、次の日の夜に「通夜(本通夜)」を行います。「仮通夜」は、ご遺体が自宅に帰られた夜に家族や近しい身内などで行います。僧侶に読経を上げてもらい、その後、ご遺体と共に一夜を過ごします。親しい人ばかりなので服装に気を遣う必要はありません。一緒に添い寝するのもいいですし、アルバムなどを見ながら思い出話をするのもいいでしょう。次の日の夜に行われるのが「通夜(本通夜)」です。家族葬や密葬でないかぎり、一般の弔問客を招いて行われます。葬儀・告別式に来られない方など、最近は通夜に参列する人が増えています。遺族はなるべく正式な喪服を着るようにしましょう。参列する場合も、正式な喪服が望ましいです。しかし、急な場合も多いので、平服でも大丈夫ですが、その場合、華美なものは避けましょう。通夜は通常、夕方から夜に行われます。一般的な流れとしては、「夕刻、指定の時間に受付が開始され弔問客が訪れます」→「遺族、参列者着席」→「開式」→「僧侶の入場」→「僧侶による読経」→「親族から順番にお焼香」→「僧侶による法話」→「僧侶の退場」→「閉式」→「会食(通夜ぶるまい)」→「棺守り」、となります。通夜の儀式自体は約1時間ほどで終わります。その後、地域などによっては会食(通夜ぶるまい)があり、親族や親しい人たちと故人を偲びながら食事をします。それが終わると、近親者が一晩中寝ないで故人に付き添います。このときお線香を絶やさないようにします。仕事などで葬儀・告別式に参列できず、その上、通夜にも間に合わない場合で、どうしても故人と最後のお別れをしたいなら、事前にその旨を伝え遺族に確認の連絡をすれば、通夜が終わってからでも弔問に訪れるのは問題ありません。または、弔電を打ったり、香典や共花を送るなどするのもいいでしょう。通夜は故人と過ごす最後の夜です。心残りないようにしましょう。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ