記事タイトル 故人に別れを告げる葬儀・告別式

通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。本来では「通夜」が遺族や近親者のお別れの儀式となり、一般の弔問客を迎えて行うのが「お葬式(葬儀、告別式)」となります。しかし、最近では「仮通夜」を遺族や近親者のお別れの儀式とし、「通夜(本通夜)」と「お葬式(葬儀、告別式)」には一般の弔問客を迎えることが一般的となっています。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域などによっても違う場合がありますのでよく確認しましょう。「お葬式(葬儀、告別式)」には、遺族も一般の参列者も必ず正式な喪服を着用します。数珠などの小物も忘れずに持って行きましょう。また、喪家の宗派に合せた香典袋も持参します。仏教の場合は「御霊前」「御香典」「御香料」を使用します。葬儀から告別式への流れですが、「葬儀、告別式の約30分前に受付が開始されます」(弔問客は香典を渡し、記帳をして会場に入ります)→「遺族、参列者が着席」→「開式」→「僧侶の入場」→「僧侶による読経と引導渡し」→「弔辞」→「弔電の紹介」→「喪主を先頭に遺族や親族が順番に焼香をします」→「閉式」、となります。またその後「告別式の開式」→「僧侶の入場」→「僧侶による読経」→「一般の参列者による焼香」→「僧侶の退場」→「喪主の挨拶」→「閉式」、となります。告別式の後、棺のふたが開けられ、最後のお別れの儀式となります。祭壇に飾られたお花などを順番に棺に納め、故人の顔を見ながらお別れをします。この後、「出棺」といって、棺は親族や近親者の男性の手によって移動され、霊柩車へ乗せられます。一般の弔問客は、「出棺」までとなります。棺の乗った霊柩車が走り出す直前に頭を下げ、合掌して故人を見送ります。遺族や親族、近親者などは、棺と共に火葬場へ向かいます。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ