記事タイトル 最後のお別れ、納めの式

「お葬式(葬儀、告別式)」が終わると、遺族や親族、近親者は、故人と最後のお別れの儀式をします。棺のふたが開けられ、お花などを納めながら、故人の顔を見て、お別れをします。地域によっては、この時が故人の顔を見られる最後となりますので、悔いのないようにしましょう。この後、棺のふたが閉められます。棺は、親族や近親者の男性によって移動され、霊柩車へと乗せられます。これを「出棺」といいます。一般の弔問客に見送られて霊柩車は火葬場へと向かいます。この時、遺族や親族、近親者、または、一般の弔問客でもとくに親しかった友人や知人などで遺族に勧められた場合は、指定された車に乗って霊柩車と共に火葬場へと向かいます。バッグやコートなど、取りに戻っている時間はあまりありませんので忘れ物のないように、事前に持っておきましょう。トイレなども事前に済ませておくといいでしょう。火葬場に到着すると、再び、棺は、親族や近親者の男性によって移動され、炉の前に安置します。そして、故人と最後のお別れの儀式をします。これを「納めの式」といいます。火葬場に用意された仮祭壇には香炉と燭台などが準備されてありますので、そこに位牌と遺影を飾ります。準備が整うと、同行していた僧侶の読経が始まります。喪主、遺族に続いて、親族などの参列者が焼香を行ないます。地域によっては、この時に、もう一度だけ故人の顔を見られる場合もありますが、火葬場によって異なるようです。また、「納めの式」自体が火葬場によって作法が決められている場合もあります。全員の焼香が終わると、棺は火葬炉へと入れられます。このときは、全員が合掌して見送ります。火葬には時間がかかりますので、その間、控室で待っているか、一旦、自宅や、葬儀社などに戻ります。控室で待つ場合は、参列者を菓子や酒、または昼食などを準備してもてなします。最近は、葬儀社に戻り、そこに準備された食事を食べながら待つことも多いようです。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ