記事タイトル 火葬から骨上げまでの流れ

火葬が終わると、係員から連絡が入ります。事前に火葬の終わる時間が決まっている場合もあります。控室で待っていた遺族や同行者は、炉の前に集まります。地域によっては控室のない火葬場などもありますので、自宅や葬儀社などに戻っていた場合は、再び、指定の車で火葬場へ向かい、炉の前に集合します。そして「骨上げ」を行います。これは、2人1組となって、箸で骨をはさみあげて、骨壷に納めていくというものです。喪主、遺族、近親者、友人など、の順番に行います。詳しい手順などは火葬場の係員が指示してくれますので、その通りにおこないます。一般的には、2人1組となり、竹の箸を使って、ひとつの骨をいっしょにはさんで骨壷に納めます。骨は、足から順に上半身へと拾いあげていきます。最後に、喪主が喉仏を納めて、骨壷のふたを閉めます。これは、喉仏が、仏様が座ったときに似ており、仏様がここに宿っていると考えられているので、大切にされているからです。また、足から順に入れていくのも、こうすれば全て骨壷に納めたときに生きているときと同じ形になるからです。もし、「分骨」を希望している場合は、前もって葬儀社に伝えておきましょう。分骨用の骨壺を用意しなければいけません。骨壺のふたを閉めた後は、それを木の箱に入れて、白布で包みます。遺骨は喪主に渡され、帰るときは、遺骨、遺影、位牌を持つ人が同じ車中になるようにします。「骨上げ」のときに、全部の骨を拾うところと、一部のみ拾うところなど、作法や手順などは、地域や火葬場などによって違います。残った骨は火葬場で埋葬してもらえます。この後、「精進落とし」が行われることが多いようです。最後まで故人の冥福を祈りましょう。なお、「火葬」には、「火葬許可証」が必要になります。通常は葬儀社が代行して手続きをおこないます。火葬の後には「埋葬許可証」が発行されます。これは納骨の際に必要となってきますので大切に保管しておいてください。

葬儀のピックアップ

  • 葬儀のピックアップ

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    故人に別れを告げる葬儀・告別式

    通夜の翌日の日中に、「お葬式(葬儀、告別式)」を行います。ひとくくりに「お葬式」と言いますが、「葬儀」は、故人の死を悼み、弔う儀式のことをいい、「告別式」は、故人に最後のお別れをする儀式のことをいいます。これらは一緒に行うこともありますし、別々に行うこともあります。地域や風習などによって違う場合があります。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックによる感謝の典礼

    カトリックの「葬儀」は、キリストによって故人を神にゆだね、キリストの再臨と死者の復活を願って祈ります。「葬儀のミサ」では、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」とを行います。「感謝の典礼」では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ、信徒が祭壇の前にでて司祭(神父)から聖体(パン)を受け取る、「聖体拝領」を行うのです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    故人の御霊を霊璽へ移す、慰霊祭

    「通夜祭」が終わると、続いて「遷霊祭」が行われます。これは、故人の御霊を遺体から霊璽に遷し留めるための儀式となります。「御霊遷し」とも呼ばれています。夜間に行われ、部屋の明かりが消された、うす暗い中で、「遷霊の儀」が厳かに執り行われます。これが済むと、故人は神となります。この後、「通夜ぶるまい」が行われます。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ
  • 葬儀のピックアップ

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    儀礼にとらわれず自由な形でお見送り

    日本人は無宗教の人が多く、最近ますます増えている傾向にあります。そんな方のためにあるのが、「無宗教葬儀」です。「自由葬儀」「プロデュース葬儀」などとも呼ばれています。これは、特定の宗教や宗派にとらわれない葬儀のことです。葬儀社によって「音楽葬」や「お別れ会」「偲ぶ会」など、様々なプランが用意されているようです。

    続きを読む

    葬儀のピックアップ